2016年05月30日

「高里椎奈」の感想

「高里椎奈(たかさとしいな)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。
*主な作品:深山木薬店説話集、海紡ぐ螺旋 空の回廊、黄色い目をした猫の幸せ、薬屋探偵妖綺談シリーズ、雪下に咲いた日輪と、フェンネル大陸偽王伝シリーズ、ドルチェ・ヴィスタ、左手をつないで

書評・評価・批評・レビュー等、感想を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
久彼山博物館

読書感想トラックバックセンター at 22:17 | カテゴリ:name:た

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

らしく書いたら?
さて、ファンタジーでしょ? の第354回は、 タイトル:孤狼と月 フェンネル大陸偽王伝 著者:高里椎奈 出版社:講談社NOVELS であります。 主人公の少女フェンベルク……フェンは、ストライフ..
*ブログ:つれづれ読書日記(2006-10-24)
フェンネル大陸 偽王伝 4
闇と光の双翼 高里椎奈 講談社 フェン・アシュレイ・テオがソルドに戻ると、王都オゼイユはシスタス軍によって陥落していた。 王都を奪還すべく、難を逃れたシルフィード達がシスタス軍に戦いを挑む話。 戦記..
*ブログ:星の海でトーク(2006-11-05)
深山木薬店説話集 高里椎奈
860円 講談社 タイトルだけ見ると、なにやら小難しそうな 説話集なのかと思ってしまいそうですが、 シリーズずっと読んでる方にはご存知の 薬屋探偵シリーズの短編集です。  シリーズ..
*ブログ:一日一冊 読書評(2007-06-27)
『銀の檻を溶かして』高里椎奈
薬局を経営する三人(小学生くらい・中学生くらい・28歳)の美男子。実は彼らは妖怪なのです。彼らが妖怪や悪魔が関っているかも知れない事件に挑むお話。 まず何よりも強く思ったのは「ライトノベルっ..
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2008-05-15)
『黄色い目をした猫の幸せ』高里椎奈
シリーズ2作目。妖怪(美形)の薬屋さんが事件に挑むのも、表紙が一般向けじゃないのも相変わらず。 表紙だけでなく中身もライトノベルな感じですが、今作は更にボーイズラブな雰囲気がプンプン漂ってま..
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2008-05-15)
金糸雀(カナリア)が啼く夜 薬屋探偵妖綺談 高里椎奈
深山木薬店の三人組に分裂の危機が! 展覧会からサファイアを盗み出す犯罪計画に巻き込まれた座木とリベザル。 だが一方で秋は盗難警備の依頼を受けていた! さらに、対決の場に突如現れた道化師の死体とは? 混..
*ブログ:BOOKOFFと図書館で、たくさん読書(2008-08-05)
蒼い千鳥 花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談 高里椎奈
「灰色の木を金色に戻す薬を下さい」 人知外れた妖の、悪業に見舞われし迷い子が、救いを求めて囁く呪文。 1994年、秋がまだ火冬と名乗っていた頃、座木は高校に入学し言波という少年と出会い、火冬は一人の女..
*ブログ:ブックオフと図書館で、たくさん読書(2009-06-02)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。