2010年02月12日

「司馬遼太郎」の感想

「司馬遼太郎(しばりょうたろう)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。
*主な作品:梟の城、国盗り物語、竜馬がゆく、坂の上の雲、街道をゆく、ペルシャの幻術師、殉死、歴史を紀行する、世に棲む日日、ひとびとの跫音、韃靼疾風録、ロシアについて、功名が辻、燃えよ剣、関ヶ原、新選組血風録、二十一世紀に生きる君たちへ、翔ぶが如く、宮本武蔵、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
ドラマレビューtbc:「功名が辻」レビュー

【リンク】
週刊「街道をゆく」オフィシャルサイト
司馬遼太郎記念館
司馬遼わあるど☆
追悼と巡礼 司馬遼太郎
amazon検索:司馬遼太郎

読書感想トラックバックセンター at 06:29 | カテゴリ:name:さ

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

殉死
日露戦争時の陸軍大将、乃木希典。 歴史では英雄として習ったこの将軍の裏を司馬遼太郎が暴く。 戦をすれば負け続きの彼には、大切な美学があった。 君主・明治天皇に仕える忠臣として、そして維新後の最期の武..
*ブログ:secret bookshelf(2006-10-15)
宮本武蔵
生涯勝ち続けた剣客・宮本武蔵。 彼を語る上で外せないのが、佐々木小次郎との巌流島の決戦だろう。 武蔵が試合に遅れてきて、苛立って冷静ではない小次郎を切り捨てる。 子供時分、なんとずるい奴だろうと思っ..
*ブログ:secret bookshelf(2006-10-18)
『殉死』司馬遼太郎
司馬遼太郎氏の作品は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶが如く』など、数多くの長編歴史小説がありますが、本書はわずか170ページほどの作品です。しかし人物評伝としてはきわめて優れた作品だと思います。..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2006-10-19)
燃えよ剣
燃えよ剣posted with amazlet on 05.12.24司馬 遼太...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「燃えよ剣」司馬遼太郎
燃えよ剣posted with amazlet on 05.12.24司馬 遼太...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
坂の上の雲
坂の上の雲〈1〉posted with amazlet on 06.01.22司...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「坂の上の雲」??精神主義と規律主義は,無能者にとって絶好の隠れ蓑である
坂の上の雲〈1〉posted with amazlet on 06.01.22司...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
国盗り物語斎藤道三
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉posted with amazlet on 0...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「国盗り物語 前編」 司馬 遼太郎
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉posted with amazlet on 0...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
「国盗り物語 後編」 司馬 遼太郎
織田信長posted with amazlet on 06.04.16司馬 遼太...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
「国盗り物語 後編」 司馬 遼太郎
織田信長posted with amazlet on 06.04.16司馬 遼太...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「豊臣家の人々」 司馬遼太郎
豊臣家の人々posted with amazlet on 06.05.28司馬 ...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
「豊臣家の人々」 司馬遼太郎
豊臣家の人々posted with amazlet on 06.05.28司馬 ...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「十六の話」司馬 遼太郎、中央公論社
十六の話posted with amazlet on 06.09.06司馬 遼太...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
「十六の話」司馬 遼太郎、中央公論社
十六の話posted with amazlet on 06.09.06司馬 遼太...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「龍馬の金策日記」竹下 倫一、祥伝社
龍馬の金策日記―維新の資金をいかにつくったかposted with amazle...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
「龍馬の金策日記」竹下 倫一、祥伝社(2006/5)¥798
龍馬の金策日記―維新の資金をいかにつくったかposted with amazle...
*ブログ:一日一冊:今日の名著(2006-11-12)
坂の上の雲
坂の上の雲〈1〉posted with amazlet on 06.01.22司...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
俄―浪華遊侠伝
俄―浪華遊侠伝posted with amazlet on 06.03.31司馬...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-12)
項羽と劉邦 (上)
項羽と劉邦〈下〉posted with amazlet on 06.11.19司...
*ブログ:必読!司馬遼太郎の書籍(2006-11-19)
先生の読書1 (司馬遼太郎 会田雄次 村上陽一郎 宮本輝 横山秀夫 庄義和 マークブキャナン)
当教室では、毎月発行しているメルマガで、講師の方々が、生徒や親ごさんへお薦めの本を紹介しています。先月は 『厚さ1センチ(10ミリ)以下の本』 を特集し、大変好評でした。12月号では、他人に薦めるとい..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2006-12-18)
『二十一世紀に生きる君たちへ 洪庵のたいまつ』司馬遼太郎 +対訳版(ドナルドキーン訳)
  新年にふさわしい一冊だと思います。 数多くの著作のある司馬遼太郎氏ですが、子ども向けに書かれたのは、本書におさめられている二作品だけだそうです。 一つは本書の書名である ..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2007-01-04)
※1〜4.『功名が辻』
作者・司馬遼太郎 2006年放映、NHK大河ドラマ。こちらは一度も見たことがないのですが。・・・
*ブログ:レザボアCATs(2007-02-17)
入学試験について(1)
 明治10年(1877年)1月、松山藩士族秋山好古(1859-1930)は、陸軍
*ブログ:翻訳blog(2007-03-21)
無邪気のカバー
ノートです。 みなさん、「人に自分をどう見せるか」ってどうしていますか? その答...
*ブログ:女性が「きれいに生きる」ことを応援するブログ『B-blog』(2007-06-11)
竜馬がゆく!の気になるアレ!
坂本竜馬(龍馬?)・・・DragonWomanの理想とする男性像だ。ただし、司馬遼太郎氏が書く竜馬スタイルがベスト!あんなにお茶目でシャイでカッコイイ男は今まで会ったことはない。確かに本の中、歴史上の..
*ブログ:DragonWoman 気になるアレ!(2008-04-12)
菜の花の沖
菜の花の沖 2000年 文春文庫 (昭和62年に刊行された文庫の新装版) 一人のいじめられっ子の少年が村を抜け出していく、幼いころの名をキッキャ(菊弥)、後の名は、高田屋 嘉兵衛。 裸一貫から..
*ブログ:書評・レビュー by 活字.com(2010-01-03)
NHK大河ドラマ「龍馬伝」を見て「竜馬がゆく」ってあるある
Yahoo!ニュースで「【オリコン“本”】“福山龍馬”特需、司馬遼太郎『竜馬がゆく』が急上昇TOP10入り」っていう記事を読んで思ったこと。いやぁ〜スンゴイ経済効果ですね!何処でどう聞いて憶えてたか?..
*ブログ:DragonWoman 気になるアレ!(2010-01-21)
この国のかたち〈3 1990~1991〉/司馬遼太郎
『この国のかたち〈3 1990~1991〉』を読んだよ。こんなにも日本史が面白いなんて。 『この国のかたち』シリーズの3冊目。3冊目くらいになると、マンネリとかパターン化するなんてことが一般の書籍で..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2010-02-11)
「明治」という国家
「明治」という国家 司馬遼太郎 著、日本放送出版協会 NHKスペシャル 司馬遼太郎トークドキュメント『太郎の国の物語』(1989年放送) を改題し書籍化したもの(らしい) とても読みやすく、わかりやす..
*ブログ:書評・レビュー by 活字.com(2010-03-23)
穴のあいた大風呂敷、後藤象二郎 「竜馬がゆく」より
「竜馬がゆく」 司馬遼太郎 著 より、後藤象二郎という人物の描き方を通して、司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」のスポット的書評を書いてみます。 この後藤象二郎という人物の評価は、後藤象二郎 – ..
*ブログ:書評・レビュー by 活字.com(2010-03-23)
花咲ける上方武士道
花咲ける上方武士道 (中公文庫...
*ブログ:ちょっとピンぼけ(2011-02-03)
[20歴史]この国のかたち〈6〉/司馬遼太郎
『この国のかたち〈6〉1996』を読んだよ。海軍の成り立ちも様々。 司馬遼太郎の「この国のかたち」シリーズも本書で完結。チビチビ読み続けたけど、何年かかっただろ。当初は幕末から明治期の日本史を知るこ..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2013-08-26)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。