2010年10月04日

「岩井志麻子」の感想

「岩井志麻子(いわいしまこ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*主な作品:「ぼっけえ、きょうてえ」、べっぴんぢごく、黒焦げ美人、合意情死、薄暗い花園、魔羅節、女學校、ぼっけえ恋愛道―志麻子の男ころがし、悦びの流刑地、邪悪な花鳥風月、チャイ・コイ、夜啼きの森、自由恋愛、東京のオカヤマ人、嫌な女を語る素敵な言葉、岡山女、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
映画レビューtbc:「インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜」レビュー

【リンク】
岩井志麻子(オフィシャルサイト)
『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(劇場版)

読書感想トラックバックセンター at 08:11 | カテゴリ:name:あ

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

ぼっけえ、きょうてえ
 タイトルの言葉の響きが気に成っていた岩井志麻子さんの『ぼっけえ、きょうてえ』を読んだ。 ぼっけえ、きょうてえと云うのは岡山弁で「とても、怖い」という意味だそうです。 他の著書にも、ちらほらと眼を通..
*ブログ:同細胞ブログ。(2006-05-29)
※3.『ぼっけえ、きょうてえ』
作者/岩井志麻子 “己、自ら地獄行きを選んだ、女” 第六回日本ホラー小説大賞と、山本周五郎賞を受賞。その他、『岡山女』が直木賞ノミネート・・・そして今年’06年に、映画『インプリン..
*ブログ:レザボアCATs(2006-07-15)
ちょっと拍子抜け
さて、このところけっこう忙しいなぁの第528回は、 タイトル:自由戀愛 著者:岩井志麻子 出版社:中公文庫 であります。 結婚しても未だに若々しく、優しい夫との生活に満ち足りた生活を送っていた明..
*ブログ:つれづれ読書日記(2006-09-22)
【本】ぼっけえ、きょうてえ
        『ぼっけえ、きょうてえ』    岩井志麻子    角川書店古本屋さんでハードカバーのこの本を300円で見つけた。新品みたいなのに安いなぁ〜と思い、喜んで購入。装丁も綺麗だし得した気分 ..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2007-03-27)
合意情死(がふいしんぢゅう)
私的評価:7/10 著者:岩井志麻子/角川書店
*ブログ:青猫飯店イラスト&感想置き場(2007-06-05)
【本】邪悪な花鳥風月
        『邪悪な花鳥風月』     岩井志麻子     集英社【story】美貌と才能とお金、そして幸せな家庭。全てに恵まれた作家の「私」は、執筆に専念するためマンションを借りる。やがて私は、..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2008-03-25)
岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』
今回は岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』を紹介します。 岩井志麻子は1964年生まれ。高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。鳴かず飛ばずの少女小説家を経て、..
*ブログ:初心者のための読書ガイド(2008-11-03)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。