2012年10月15日

「村上春樹」の感想

「村上春樹(むらかみはるき)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。

*作品:ノルウェイの森、1Q84、風の歌を聴け、羊をめぐる冒険、世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド、ねじまき鳥クロニクル、海辺のカフカ、意味がなければスイングはない、東京奇譚集、沈黙、レキシントンの幽霊、アフターダーク、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
村上春樹,

映画レビューtbc:村上春樹,

【リンク】
Haruki Murakami: The Official Website
http://www.randomhouse.com/features/murakami/
村上春樹研究所 -村上春樹ファンサイト-
http://www.haruki-m.com/

読書感想トラックバックセンター at 10:16 | カテゴリ:name:ま

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

村上春樹、糸井重里【夢で会いましょう】
村上春樹【パン屋再襲撃】を読んだとき、「そういえば、パン屋を襲う話って前に読んだことがあるなぁ」と思った。 私は変なところで記憶力がいい。自宅の書棚から、迷わず引っ張り出したのがこの本だ。 ..
*ブログ:ぱんどら日記(2006-07-07)
村上春樹【パン屋再襲撃】
私がまだ知らない、若い作家について調べるため、「アマゾン」で検索し、カスタマーレビューをのぞくと、ときどき「村上春樹的な要素がある」とか「村上春樹ふう」といった意味の表現が見られる。 それは、多..
*ブログ:ぱんどら日記(2006-07-07)
村上春樹作品の紹介
僕は村上春樹作品の目ぼしいものは読んでいます。 初めて読んだ村上春樹の作品は、やはりというか話題になった「ノルウェーの森」でした。 しかし、あまり面白いとは思わなかったので、村上春樹に対 する興..
*ブログ:本が好き・・・(2006-07-13)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド * 村上春樹
■世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド * 村上春樹著 いやぁ春樹さんっ
*ブログ:31ct.読書部屋(2006-07-15)
海辺のカフカ
 村上春樹:著 『海辺のカフカ』(上・下)      ベストセラー作家というのに、村上春樹という人の作品を、  これまで私は、ほとんど読んだことがありませんでした。  大昔に 『ノルウェイの森』 ..
*ブログ:miyukichin' mu*me*mo*(2006-07-17)
「パン屋再襲撃」 村上春樹
パン屋再襲撃 著者:村上春樹販売元:文春文庫 あ、「風の歌を聴け」の感想を先に
*ブログ:31ct.読書部屋(2006-08-18)
「アフターダーク」 村上春樹
アフターダーク 著者:村上 春樹販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を
*ブログ:31ct.読書部屋(2006-08-31)
「レキシントンの幽霊」 村上春樹
レキシントンの幽霊 著者:村上 春樹販売元:文藝春秋Amazon.co.jpで
*ブログ:31ct.読書部屋(2006-09-11)
「ねじまき鳥クロニクル 第1部:泥棒かささぎ編」 村上春樹
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 著者:村上 春樹販売元:新潮社A
*ブログ:31ct.読書部屋(2006-10-15)
夜のくもざる
雑誌の広告に使われていた短編集。 全ての話が2,3ページで構成されており、ちょっと空いた時間を見つけては 読み進めることが出来る。 全体的にシュールなユーモアに富んだ話が多く、また、 その途中途中に..
*ブログ:secret bookshelf(2006-10-15)
パン屋再襲撃
学生時代にパン屋を襲撃し失敗した。 そのことを妻に話し終わったとき、妻は言った。 「もう一度パン屋を襲うのよ。それも今すぐにね。」 呪いを解くためにパン屋を再襲撃しようと言い出す妻。 ある日突然消え..
*ブログ:secret bookshelf(2006-10-15)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
 村上春樹 :著   『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』    細かな字でびっしりと600頁の、大作です。{/star/}  「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」と、 ..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2006-11-12)
※14・15.海辺のカフカ(上・下)
作者/村上春樹世界で一番タフな15歳の少年と、不思議な力を持つ老人の話。二人の別々の話が、その世界が重なり焦点が絞られていく様が見事。
*ブログ:レザボアCATs(2006-11-26)
あのとき、何が起こったか?“アンダーグラウンド”
この本『アンダーグラウンド』は発売されたとき、すぐに読みました。 昨日の『チェチェン やめられない戦争』と対のつもりで書きます。 『チェチェン』はロシアから圧倒的な軍事力での暴力を受けている。 武..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2006-12-02)
村上春樹作品の紹介
僕は村上春樹作品の目ぼしいものは読んでいます。 初めて読んだ村上春樹の作品は、やはりというか話題になった「ノルウェーの森」でした。 しかし、あまり面白いとは思わなかったので、村上春樹に対する興味は..
*ブログ:文学する!(2006-12-20)
年取ったよなぁ……
さて、しみじみと思ったりもするの第731回は、 タイトル:レキシントンの幽霊 著者:村上春樹 出版社:文藝春秋 文春文庫(初版:H11) であります。 ファンのひとには悪い……とも思わないが、高..
*ブログ:つれづれ読書日記(2006-12-20)
「ノルウェイの森 上」 村上春樹
ノルウェイの森〈上〉 著者:村上 春樹販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確認する あぁ
*ブログ:31ct.読書部屋(2007-02-07)
村上春樹 「アフターダーク」
羊男シリーズとも違う、ちょっと変わった話だった。眠り続ける姉。眠れない妹。これもシリーズ化されるのでしょうか。
*ブログ:ゼロから(2007-04-02)
※6.アフターダーク
作者/村上春樹 村上春樹は、間違いなく、別の高みに達した。なんだかゾクゾクしてしまう。やっぱ、スゲエ!本の紹介にもあるように、「新しい小説世界に向かう、村上春樹」。まず初めに、テイストが今までと、ど..
*ブログ:レザボアCATs(2007-04-07)
『グレート・ギャツビー』 スコット・フィッツジェラルド著 村上春樹 訳
マスターピース、あるいはクラシックという呼び名が似合う名作 『グレート・ギャツビー』。アメリカ文学史上、最高の小説だという人もいます。私にとっても非常に印象深い一冊です。著者のスコット・フィッツジ..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2007-07-04)
レキシントンの幽霊
私的評価:7/10 著者:村上春樹
*ブログ:青猫飯店雑記(2007-07-16)
アフターダークがつまらなかった人も、どうぞ 書評 村上春樹/東京奇譚集
東京奇譚集村上 春樹 (2005/09/15)新潮社この商品の詳細を見る 村上春樹の作風は、初期と最近では、ぜんぜん違う。ような気がする。 初期に村上春樹が描いていたのは、「決して人間は他人とわかり..
*ブログ:初心者でもわかる小説の読み方(2007-07-17)
「走ることについて語るときに僕の語ること」村上春樹著
走ることについて語るときに僕の語ること 作家であり、ランナーでもある村上春樹が走ることと、走ることを通して得られた人生観について語った「メモワール」(ご本人曰く「エッセイというタイトルでくく..
*ブログ:映画と読書の感想ブログ(2007-10-15)
『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んで
この本を読んで、感じたことなど。 走ることについて語るときに僕の語ること 村上 春樹 まずはタイトル。 「これぞ村上春樹」なタイトル、まさしく村上春樹的なタイトルである。 かつ、..
*ブログ:小さなことを喜ぼう!             〜女42歳の「ちょいハピ」な日々〜(2007-10-29)
アフターダーク 村上春樹
アフターダーク ■やぎっちょ書評 今年の後半になってはじめて村上春樹さんを読んでのですが、そして結構読んだのだけど、よく考えてみると全部80年代を中心時期に書かれていたものです。21世紀になってか..
*ブログ:"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!(2007-12-20)
ノルウェイの森/村上春樹 [Book]
 村上春樹:著 『ノルウェイの森(上・下)』  ノルウェイの森 上 (講談社文庫)村上 春樹講談社このアイテムの詳細を見る  ノルウェイの森 下 (講談社文庫)村上 春樹講談社このアイテムの詳細を見る..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2008-01-20)
【本】世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上下)
  『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』上下巻   村上春樹    新潮文庫【comment】この夏、成績不振の息子を何とかせねば、、、と悩んだ挙句、家庭教師を大学生の方にお願いすることにし..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2009-08-19)
「1Q84」(上・下) 村上春樹
{/book/}「1Q84」(上・下) 村上春樹         「ノルウェイの森」以来村上春樹の小説を何作か読んできましたが、どれもいまひとつ面白く読めず、自分には合わない作家さんなんだな〜と思..
*ブログ:ミチの雑記帳(2009-09-10)
村上春樹『1Q84』book1を読み終えて
100万部以上、売れ今や社会的ブームといえるような話題を提供している村上春樹氏の『1Q84』ですが、先ほど読み終えることが出来ました。 book1の導入部は比較的、引き込まれやすかったのですが、bo..
*ブログ:文学する!(2009-11-11)
vol.22「 アフターダーク 」村上 春樹
電源の切れたテレビ画面に現れる映像、その中の世界。 眠り続けるマリの姉、エリはその不可思議な世界の中ではっきりと描かれます。 ラストのほうで姉妹が一緒に眠る場面は、美しい。 ...
*ブログ:L4BOOKS - イラストですてきな小説と出会えるウェブマガジン。毎週月曜日更新(2009-12-07)
1Q84の世界
 やっとこの怪物小説2冊を読み終わった。さすが売り切れ続出で、なかなかBOOK1が手に入らなかっただけのことはある。とにかくストーリーも面白いし、発想がユニークであり、味わいある文体も健在である。もち..
*ブログ:ケントのたそがれ劇場(2010-02-06)
主婦あるいは主夫
「男子高生のための文章図鑑」筑摩書房1993年刊を読んだ。 「女子高生のための文章図鑑」と同じ棚に見つけたのだ。 中で目についたのが、村上春樹「グッドハウスキーピング」。 かれは若い頃、半年だけ、主..
*ブログ:しづのをだまき(2010-02-13)
村上春樹『1Q84 BOOK1』
とーっても久しぶりの村上春樹作品です。 一時期あまりにも話題だったし、昔読んだ村上春樹さんもそう特別好きじゃなかったのでスルー予定だったのですが、父が買ってきていました。 とりあえず読んでみる..
*ブログ:日々のつぶやき(2010-03-08)
村上春樹は『1Q84』book2によって、新たなる決意と覚悟と持つに至った、そして僕は、ハルキストとなった
『1Q84』book1では、延々と続く性描写に少し辟易しましたが、青豆が問題の宗教団体へ潜入へと物語が進行すると、次は次はと読む手が押さえられず、二日くらいで一気に読めました。 結果、この『1Q84..
*ブログ:文学する!(2010-03-20)
[書評(小説)]『1Q84』BOOK3/村上春樹 Part1
これはつまり大ボスを倒した後のピロートークなのだ。 たとえば漫画でもRPGでもいい。少年漫画ならば連載を長続きさせるための引き延ばし工作であるし、RPGならばもはや決まりごとのように「クリア後の世界..
*ブログ:泣きながら一気に書きました -No Tear,No Review Magazine-【井上智公】(2010-04-22)
村上春樹『1Q84 BOOK3』
今回は一人称で語る人物が一人増えます。 青豆の行方を追う男、牛河の登場です。 「死ぬことをやめた青豆は、元の計画を変更し天吾を見かけたマンションに留まることにした。 一方天吾は間もなく死に行..
*ブログ:日々のつぶやき(2010-05-10)
村上春樹『1Q84 BOOK 1』
1Q84 BOOK 1村上 春樹新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、村上春樹『1Q84 BOOK 1』を紹介します。村上春樹作品ははじめて読むのですが、次まで読みたくなりました。文章は情景が浮か..
*ブログ:itchy1976の日記(2011-01-24)
村上春樹『1Q84 BOOK 2』
1Q84 BOOK 2村上 春樹新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、村上春樹『1Q84 BOOK 2』を紹介します。BOOK2でも、青豆と天吾の話が交互に展開されます。BOOK1との違いは、青豆..
*ブログ:itchy1976の日記(2011-02-07)
「羊をめぐる冒険 上」 村上春樹
【送料無料】羊をめぐる冒険(上)販売元:楽天ブックス楽天市場で詳細を確認するそう言えば「1Q84 BOOK3」予約してまで買ったのに、読んでなかったや。と思ったら急に村上春樹が読みたくなって、本当は「..
*ブログ:31ct.読書部屋(2011-05-08)
[90文学]1973年のピンボール/村上春樹
『1973年のピンボール (講談社文庫)』を読んだよ。ビール、ビール、ビール…。 村上春樹氏のデビュー三部作とか、「僕と鼠もの」シリーズとか言われている作品群の2作目。勿論、1作目はデビュー作の『風..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2014-08-15)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。