2009年07月28日

「太宰治」の感想

「太宰治(だざいおさむ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*作品:晩年、「虚構の彷徨、ダス・ゲマイネ」、二十世紀旗手、愛と美について、女生徒、皮膚と心、思ひ出、走れメロス、女の決闘、東京八景、新ハムレット、千代女、駆込み訴へ、風の便り、老ハイデルベルヒ、正義と微笑、女性、富嶽百景、右大臣実朝、佳日、津軽、新釈諸国噺、惜別、お伽草紙、パンドラの匣、薄明、冬の花火、ヴィヨンの妻、斜陽、人間失格、桜桃、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
青空文庫:作家別作品リスト:太宰 治
太宰治資料館
太宰治論
太宰治 - Wikipedia
五所川原市 太宰治記念館【斜陽館】
太宰治「思ひ出」の雲祥寺
amazon検索:太宰治

読書感想トラックバックセンター at 01:02 | カテゴリ:name:た

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

「人間失格」 太宰治
人間失格 (集英社文庫)著者:太宰 治販売元:集英社Amazon.co.jpで詳細を確認する文豪作品は、一律「*90」でつけてますから、悪しからず。いや、凄くつまらないものだったら、下げますけど、昔..
*ブログ:31ct.読書部屋(2007-12-17)
脳味噌の 酩酊先に 月下美人
 たまには、内省的なことではなく、評論的なことでも書いてみようと思う。気持ち悪いと思われるのに拍車がかかるから。さて、俺は太宰治が好きなんだけれど、どういうところが好きかというと、彼は戦前は自殺未遂を..
*ブログ:tequila(2008-06-17)
太宰治著「斜陽」(感想)
1999年発行集英社文庫で読みました。読まず嫌いというのが強い僕ですが、太宰治は、若い頃に何冊か読みそれっきり手にとらなくなった作家であります。今回この作品を手に取ったきっかけは、朝日新聞日曜の「読書..
*ブログ:夕螺の読書ブログ(2009-04-21)
【本】人間失格
         『人間失格』         太宰治         集英社文庫【comment】これは、現在中1の息子が小6の時に買ってきた本だ。当然私は息子に聞いた。何でこの本を買ったの?―と。..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2009-07-27)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。