2016年08月08日

「栗本薫」の感想

「栗本薫(くりもとかおる)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*作品:グイン・サーガ、魔界水滸伝、伊集院大介シリーズ、六道ケ辻、猫目石、野望の夏、トワイライト・サーガ、都筑道夫の生活と推理、ぼくらの時代、文学の輪郭、絃の聖域、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
神楽坂倶楽部
amazon検索:栗本薫

読書感想トラックバックセンター at 09:13 | カテゴリ:name:か

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

読書感想 グイン・サーガ 119
グイン・サーガ119巻 『ランドックの刻印』 の感想です。 前回長い長い旅を終え、ついにパロに到着したグイン一行。 今回はパロでどんな事件が待っているのでしょうか。 ネタバレ注意!
*ブログ:少年、グリグリメガネを拾う(2008-02-12)
いつ終わるのかな?
さて、何巻まで出てたっけ? とか考える第659回は、 タイトル:黒曜宮の陰謀(グイン・サーガ21) 著者:栗本薫 出版社:早川書房 ハヤカワ文庫(初版:S60) であります。 百巻越えちゃったけ..
*ブログ:つれづれ読書日記(2008-03-11)
読書感想 グイン・サーガ 121
グイン・サーガ121巻 『サイロンの光と影』 の感想です。 ひっさびさのケイロニア編! 表紙は、表紙初登場のランゴバルド侯ハゾス・アンタイオス! めっずらしい(笑)。 しかし内容はうってかわ..
*ブログ:少年、グリグリメガネを拾う(2008-06-15)
読書感想 グイン・サーガ 122巻 豹頭王の苦悩
グイン・サーガ122巻 『豹頭王の苦悩』 の感想です。 誰だこの表紙は。アムネリス? とか思ったのですが、読み終わって見ればシルヴィアとしか思えない。 おお、シルヴィアずいぶん美化してもらってよ..
*ブログ:少年、グリグリメガネを拾う(2008-08-09)
読書感想 グイン・サーガ 123巻 風雲への序章
ジャンプ感想があったり忙しかったりで後回しにしてたらグイン感想がずいぶん遅れてしまいましてすいません。 あらたな時代への突入を予感させる 123巻 『風雲への序章』 の感想です。 ケイロニアの..
*ブログ:少年、グリグリメガネを拾う(2008-10-22)
薫ファンはいねがー
ここ最近、とある事情で、未読の栗本薫作品を読もうと努力しているのですが、進捗はかばかしくないです。何故かというと、ちょっと古いものはたいてい絶版になってしまっているからだ。古本屋にもグイン・サーガ以...
*ブログ:■ヒスイブログ■(2008-12-05)
読書感想 グイン・サーガ 126 黒衣の女王
予告なしにクリスタルへと突然乗り込んだイシュトヴァーン。 さぁ、これを迎え撃つリンダはどうするのか!? あの草原の 「蜃気楼の恋歌」 は、今いったいどういう答えをもたらすのか!? 表紙は黒衣..
*ブログ:少年、グリグリメガネを拾う(2009-04-13)
読書感想 グイン・サーガ 127 遠いうねり
お亡くなりになられた栗本薫先生への気持ちの整理もつかないままに読みました、127 巻。 ああ、もうこれを書いた先生はこの世にはいないんだなぁと、一場面一場面、ひとつのセリフ、一つの光景が今までとは..
*ブログ:少年、グリグリメガネを拾う(2009-07-09)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。