2011年05月02日

「吉村昭」の感想

「吉村昭(よしむらあきら)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。

*作品:三陸海岸大津波、高熱隧道、関東大震災、羆嵐、漂流、破船、赤い人、暁の旅人、破獄、戦艦武蔵、戦艦武蔵、「冷たい夏、熱い夏」、死顔、闇を裂く道、桜田門外ノ変、海の史劇、ふぉん・しいほるとの娘、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
映画レビューtbc:吉村昭,
ドラマレビューtbc:吉村昭,

【リンク】
吉村昭資料室
http://www.geocities.jp/bunmei24jp/

読書感想トラックバックセンター at 14:56 | カテゴリ:name:や

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

[90文学]漂流/吉村昭
『漂流 (新潮文庫)』を読んだよ。救われる方法は神に祈ることのみ。 『ジョン万次郎』を読んでから、再び漂流モノに目覚めたアッシ。『ジョン万次郎』の参考文献を調べてみるとジョン万次郎以前にも何人もの日..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2012-11-25)
[20歴史]漂流記の魅力/吉村昭
『漂流記の魅力 (新潮新書)』を読んだよ。若宮丸の場合。 『おろしや国酔夢譚』や『大黒屋光太夫』で漂流記の魅力を知ったアッシ。その後は、漂流物を見つけては、読んでいるわけ。本書も図書館で見つけてから..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2013-09-09)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。