2009年11月06日

「森見登美彦」の感想

「森見登美彦(もりみとみひこ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*主な作品:太陽の塔、夜は短し歩けよ乙女、きつねのはなし、四畳半神話大系、新釈走れメロス、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ
夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦
ほぼ日刊イトイ新聞 -担当編集者は知っている。
amazon検索:森見登美彦

読書感想トラックバックセンター at 13:10 | カテゴリ:name:ま

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦
夜は短し歩けよ乙女 著者:森見 登美彦販売元:角川書店Amazon.co.jpで詳細を確認する 面白かった。すきま風さんにお借りしたご本でした^^*ありがとうございます。文章が万城目さん似。いや、ど..
*ブログ:31ct.読書部屋(2007-06-03)
書評:森見登美彦「新釈 走れメロス 他四篇」
これはまいった. 森見登美彦さんの名前はなんとなく知っていて初めて読みましたが,...
*ブログ:mixvox (Love is what we need.)(2007-09-05)
森見登美彦『【新釈】走れメロス 他四篇』感想
通勤途中の電車の中で読み始めたのですが…… ヤバかったです。 「山月記」3ページ目の「もんどり! もんどり!」を目にした瞬間、こんなものを公共の場所で読んでしまうのは、相当にヤバい..
*ブログ:ル*クルトル(2007-09-09)
「新釈 走れメロス」 森見登美彦
新釈 走れメロス 他四篇著者:森見 登美彦販売元:祥伝社Amazon.co.jpで詳細を確認するこれは、これは…見事に原作の伝えたかった事を潰してくれています。それを面白いと取るか、何と無礼なヤツ、..
*ブログ:31ct.読書部屋(2007-10-06)
森見登美彦『有頂天家族』感想
あっぱれ、森見登美彦氏は期待を裏切らない! 買ったばかりの『有頂天家族』ですが、面白すぎて、一気読みしてしまいました。 京都を舞台とする、天狗などが存在する独特のファンタジックなベ..
*ブログ:ル*クルトル(2007-10-07)
【新釈】走れメロス 他四篇/森見登美彦 [Book]
 森見登美彦:著 『【新釈】走れメロス 他四篇』  新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦祥伝社このアイテムの詳細を見る  「山月記」(中島敦)、  「藪の中」(芥川龍之介)、  「走れメロス」(太宰..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2007-12-18)
有頂天家族/森見登美彦
有頂天家族(2007/09/25)森見 登美彦商品詳細を見る 2008年本屋大賞3位。 キャッチコピーは「かくも毛深き家族愛!!」な『有頂天家族』です。 森見作...
*ブログ:バックドロップキックス(2008-07-22)
きつねのはなし/森見登美彦
きつねのはなし(2006/10/28)森見 登美彦商品詳細を見る 登美彦氏による連作短篇集。 「この街には大勢の人が住んでいて、そのほとんどすべての人...
*ブログ:バックドロップキックス(2008-07-22)
森見登美彦『太陽の塔』
新年最初の記事は、森見登美彦『太陽の塔』です。 森見登見彦は1979年生まれ、奈良県生駒市出身。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部..
*ブログ:初心者のための読書ガイド(2009-01-05)
森見登見彦『四畳半神話体系』
今回は森見登美彦『四畳半神話大系』です。 『四畳半神話大系』は太田出版より2005年1月5日刊行。2008年、角川書店より文庫化。 文庫カバーから抜粋 「私は冴えない大学3回生。バラ..
*ブログ:初心者のための読書ガイド(2009-01-11)
森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』
今回は森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』です。 『夜は短し歩けよ乙女』は2006年11月角川書店より出版された作品。2008年12月同じく角川書店より文庫化。第20回山本周五郎賞受賞、第137..
*ブログ:初心者のための読書ガイド(2009-01-12)
「恋文の技術」 森見登美彦
{/book/}「恋文の技術」 森見登美彦 主人公・守田一郎は、京都の大学から能登半島の臨海実験所に飛ばされた男子大学院生。実験も上手くいかず、馴れない土地での寂しさの徒然に文通の腕を磨くことを決意..
*ブログ:ミチの雑記帳(2009-07-30)
有頂天家族 森見登美彦
有頂天家族価格:¥ 1,575(税込)発売日:2007-09-25 時は現代。下
*ブログ:きつねの感想日記(2009-08-24)
#288 新釈走れメロス他四篇  森見登美彦
新釈走れメロス他四篇 著者:森見登美彦 出版社:祥伝社文庫 初 版:2009年10月20日 評 価:☆☆☆ 新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)/森見 登美彦 ¥..
*ブログ:読書NOTE 〜読んだ本の記録ブログ〜(2009-11-05)
[小説]森見登美彦 【夜は短し歩けよ乙女】
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)posted with amazlet at 10.01.13 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 927Amazon.co.jp で詳細を見る 大学の..
*ブログ:犯人はヤス(2010-01-13)
「夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦」感想・・・なんだかわからないけど、すごくイイ!(90点) 
これまで経験したことのない感覚。 なんなんでしょう。 この作品の世界!雰囲気! 「なんじゃそりゃ!」とか突っ込みつつも、もうどんどん...
*ブログ:スターブックスコーヒー〜本と映画とおこづかいかせぎ〜(2010-09-24)
『美女と竹林』森見登美彦
エッセイっぽい小説というか何というか。 エッセイじゃないなぁ・・・。 随筆文? 虚実入り混じった私小説ってところか? 森見登美彦が友人・知人と竹林で竹を切る話。 ホントそれ ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『有頂天家族』森見登美彦
連作短編集。 ファンタジー? 森見作品の「いつもの感じ」と、和風ファンタジー(「平成たぬき合戦ぽんぽこ」的な)のハイブリッド。 主人公はダメ大学生じゃないけれど、まぁあの手 ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『新釈 走れメロス 他四篇』森見登美彦
タイトルの通り、文学作品の有名どころのリメイク版。 メロスの他に、「山月記」「藪の中」「桜の森の満開の下」「百物語」の計5編。 舞台は現代だし京都だし、登場人物も森美仕 ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『きつねのはなし』森見登美彦
いつもの屈折した男子学生のお話じゃないです。 幻想小説っての? そんな感じの短編集。 各話に明確なオチがあるワケじゃないし、全体を通してのオチなり伏線なりがあるワケでも ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『太陽の塔』森見登美彦
デビュー作だそうで。 が、やっぱり歪んだ大学生の日常を一人称視点で描いてる辺りは変わらず。 ただ、やっぱりデビュー作だけあって幾分文章が洗練されておりません。 でも後の作 ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『四畳半神話大系』森見登美彦
屈折した男子大学生の日常を描いた一人称視点の小説。 不思議な登場人物と不思議な出来事満載。 相変わらずのクセのある文章。 まぁ要するに「夜は短し歩けよ乙女」と同じです、は ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
ラブコメというか、ファンタジーというか、ストーカー小説というか。 「鴨川ホルモー」的な世界だけど、もうすこしこっち側寄りって感じ。 まぁ似た雰囲気なんですわ。 でも、全 ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-03-21)
『恋文の技術』森見登美彦
ハウツー本にあらず。 書簡体小説です。 文通で綴られる小説。 それも主人公の書いたお手紙のみで展開する小説。 お馴染みの歪んだ学生が主人公。 彼の手紙のみで進行するけ ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2011-05-15)
『宵山万華鏡』森見登美彦
宵山の一日を舞台にした連作短編集。 コメディから幻想小説まで幅広く。 というか、コメディか幻想小説か、そのどちらか。 「新釈 走れメロス 他四篇」みたいな感じ。 で、例 ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2012-10-01)
『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦
歪んだ大学生の出て来ない森見長編。 舞台も京都ではない何処か。 登場人物も心清らかな人ばかり。 今回の主人公は理屈っぽい小学4年生の男の子。 妙に老成した変な子です。 ...
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2012-12-18)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。