2016年04月18日

「Sir Arthur Conan Doyle(コナン・ドイル)」の感想

「Sir Arthur Conan Doyle(アーサー・コナン・ドイル)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*主な作品:『シャーロック・ホームズ』シリーズ、失われた世界、マラコット深海、毒ガス地帯、ジェラール准将の冒険、ジェラール准将の回想、白衣の騎士団、ナイジェル卿の冒険、霧の国、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
作家別作品リスト:ドイル アーサー・コナン
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person9.html
Sherlock Holmes - The Sherlock Holmes Museum of Baker Street
http://www.sherlock-holmes.co.uk/
シャーロック・ホームズの世界
http://www5.ocn.ne.jp/~shworld/
シャーロック・ホームズ博物館
http://www.areab.co.jp/221b/top221b.htm
松岡正剛の千夜千冊『緋色の研究』コナン・ドイル
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0628.html

読書感想トラックバックセンター at 12:53 | カテゴリ:name:a-z0-9

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

滝壺へGO
さて、久々に読みたくなった第315回は、 タイトル:シャーロック・ホームズの思い出 著者:コナン・ドイル 文庫名:新潮文庫 であります。 名探偵シャーロック・ホームズの活躍を描く短編集。 ホーム..
*ブログ:つれづれ読書日記(2007-02-20)
高名な?依頼人(1)
「もう弊害はあるまいよ」 というのがシャーロック・ホームズのそのときの意見だった
*ブログ:翻訳blog(2007-02-27)
シャーロック・ホームズの事件簿
シャーロック・ホームズの事件簿 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)アーサー・コナン・ドイル光文社このアイテムの詳細を見る 短編なのでスイスイ読めるが、なんか話が全体的に似たりよったりな様な..
*ブログ:Brain Death(2008-06-03)
緋色の研究
緋色の研究 (新潮文庫)(1953/05)コナン・ドイル商品詳細を見る 文学の知識ー皆無、哲学の知識ー皆無。毒物に通暁し、古今の犯罪を知悉し、ヴァイ...
*ブログ:図書館で会った人だろ(2009-10-25)
四つの署名
四つの署名 新潮文庫(1953/12)コナン・ドイル延原 謙商品詳細を見る ある日、ベーカー街を訪れた若く美しい婦人。父がインドの連隊から帰国し...
*ブログ:図書館で会った人だろ(2009-10-25)
バスカヴィル家の犬
バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)(1954/05)コナン・ドイル商品詳細を見る 深夜、銀幕のような濃霧のたちこめた西部イングランドの荒野に、忽然と姿...
*ブログ:図書館で会った人だろ(2009-10-25)
恐怖の谷
恐怖の谷 (新潮文庫)(1953/08)コナン・ドイル商品詳細を見る ホームズのもとに届いた暗号の手紙。時を同じくして起きた暗号どおりの殺人事件。サ...
*ブログ:図書館で会った人だろ(2009-10-25)
シャーロック・ホームズの事件簿から
 1895年の晩秋、私は幸運にもシャーロック・ホームズの極めて興味深い事件の一つに係わる機会を得た。このころ妻はしばらく体調がすぐれなかったので、同窓生だったケイト・ウィットニーと一緒にスイスで休養を..
*ブログ:翻訳blog(2012-09-29)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。