2010年02月15日

「長野まゆみ」の感想

「長野まゆみ(ながのまゆみ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*主な作品:少年アリス、若葉のころ、碧空、彼等、鉱石倶楽部、白昼堂々、テレヴィジョン・シティ、耳猫風信社、雨更紗、鳩の栖、銀木犀、魚たちの離宮、天体議会プラネット・ブルー、超少年、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
耳猫風信社

読書感想トラックバックセンター at 05:07 | カテゴリ:name:な

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

“魚たちの離宮”少年たちの怪談
ども、夏風邪から気管支炎になりました。 ああ、夏の初めに体調を崩すってこういうことだったのね、と思いました。 ずっと雨が降っていましたが、今日は晴れてました。 布団が干せました。 梅雨明けっていつな..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-02-10)
“白昼堂々”
長野まゆみ著『白昼堂々』です。 え~、わたしの持っているものは1997年9月発行第一刷。 ってマジかよ・・・10年前・・・。 もともとは『上海少年』という短編集のなかの作品でした。 その短編に加筆..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-02-10)
“天体議会(プラネット・ブルー)”
長野まゆみ著「天体議会」です。 最近、また本が増えてきまして・・・(ブログはじめてからは買う本も増えましたし)ちょっと、本棚に入りきらなくなってきました。 しょうがないから『押入れ行き』です。 その..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-02-10)
“超少年”
長野まゆみ著「超少年」です。 ちょっと最近「予想外」なことが起こり肝心の「本ネタ」が滞りがちですな~。 で、本人も「予想外」のネタで盛り上がったりしてな。 ま~明日から出勤だし(これを書いているのは..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-02-10)
“碧空”
長野まゆみ著『碧空』です。 1月20日に書きました『白昼堂々』の続編です。 この本が発売されたときは「嬉しい」というより戸惑いました。 『白昼堂々』が完結しているものだと思っていたため、続編は..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-02-10)
“彼等”ただ一度きりの時間。
長野まゆみ著『彼等』です。 凛一シリーズ三作目。 あれ??このまえ『碧空』の記事書いたのはいつだっけ?? 第一作『白昼堂々』が→1月20日 第二作『碧空』が→1月22日 あれ??1ヶ月たって..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-02-20)
「少年アリス」 長野まゆみ
不意に読みたくなって、借りてきました。図書館でパソコン検索を掛けると、「この図書館にあります」と出るのですが、一向に見つからないので聞いてみたところ、なんと書庫にありました。いやはやお手数掛けました..
*ブログ:31ct.読書部屋(2007-03-06)
“若葉のころ”シリーズ完結編
長野まゆみ著「若葉のころ」です。 「白昼堂々」「碧空」「彼等」と続いた<凛一シリーズ>の完結編になります。 シリーズ第一作目「白昼堂々」が発行されたのが1997年。 こ..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2007-03-11)
耳猫風信社
不思議な猫たち    ★★★ 長野 まゆみ 耳猫風信社 これは文庫の写真だが、 単行本の装丁はとてもステキだ。 表紙のあまりの可愛さに、思わず本を買ってしまった。 ..
*ブログ:本の世界の迷子です(2007-03-21)
「少年アリス」 長野まゆみ
不意に読みたくなって、借りてきました。図書館でパソコン検索を掛けると、「この図書館にあります」と出るのですが、一向に見つからないので聞いてみたところ、なんと書庫にありました。いやはやお手数掛けました..
*ブログ:31ct.読書部屋(2007-04-04)
『となりの姉妹』長野まゆみ
『となりの姉妹』 長野まゆみ (2007/3/27) 最近多くなってきた“少年モノではない”長野まゆみさんの小説。 昔、雑誌か何かで、「昔は、外国の小物などが珍しかったが、今は溢れている。今、失..
*ブログ:25の物書き時間(2007-06-23)
聖月夜 長野まゆみ/長野まゆみの少年世界
 ツリー飾りました。ホームセンターで買ったおもちゃだけど。 手作りで何か飾ろうかな。 昨日のエントリーでクリスマスの絵本を挙げましたが、今回は長野まゆみのクリスマスストーリーです。
*ブログ:風味絶佳な日々―読書日記―(2007-12-03)
『玩具草子』 長野まゆみ
長野さんが子供時代に遊んだおもちゃについてのエッセイ集。 80ページ足らずの中に、セピア色をした昭和の「遊び方」が詰まっています。 万...
*ブログ:読了履歴(2008-05-24)
『左近の桜』 長野まゆみ
連れ込み宿の長男、左近桜蔵は面倒な質だ。 当人の気付かぬうちに人外のものを拾ってきてしまう。 彼らは様々な形で桜蔵との交わりを求めて...
*ブログ:読了履歴(2008-10-30)
“左近の桜”
長野まゆみ「左近の桜」です。 この作品は長野センセのデビュー20周年を飾るシリーズ第一作目だそうです。 10代後半、20代前半とわたしは長野まゆみさんの作品が大好きでした。 「少年アリス」「野ば..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2009-04-19)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。