2010年11月23日

「渡辺淳一」の感想

「渡辺淳一(わたなべじゅんいち)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*主な作品:光と影、失楽園、花埋み、女優、遠き落日、白い宴、化身、愛の流刑地、死化粧、長崎ロシア遊女館、静寂の声 乃木希典夫人の生涯、男というもの、シャトウルージュ、秘すれば花、男と女、懲りない男と反省しない女、夫というもの、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
映画レビューtbc:「愛の流刑地」レビュー
ドラマレビューtbc:「愛の流刑地」レビュー

【リンク】
渡辺淳一文学館
渡辺淳一オフィシャルブログ

読書感想トラックバックセンター at 03:54 | カテゴリ:name:わ

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

渡辺淳一「シャトウ ルージュ」(文藝春秋)
 渡辺淳一「シャトウ ルージュ」(文藝春秋)を読了。「性」の調教(ドレサージュ)をテーマにした小説である。
*ブログ:本の虫(2007-02-28)
この時代にしては
さて、初版1977年って古っ! の第550回は、 タイトル:白き狩人 著者:渡辺淳一 出版社:集英社文庫 であります。 ある総合病院の外科の勤務医である二番町眉子は、ある足の病気で入院してきた評..
*ブログ:つれづれ読書日記(2008-05-04)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。