2009年12月01日

「松本清張」の感想

「松本清張(まつもとせいちょう)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。
*主な作品:ゼロの焦点、点と線、眼の壁、かげろう絵図、古代史擬、火の路、眩人、昭和史発掘、日本の黒い霧、砂の器、Dの複合、わるいやつら、黒革の手帖、波の塔、けものみち、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
ドラマレビューtbc:松本清張

【リンク】
松本清張記念館公式ウェブサイト

読書感想トラックバックセンター at 01:56 | カテゴリ:name:ま

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

心の闇にようこそ
さて、ある意味ホラーだと思う第260回は、 タイトル:共犯者 著者:松本清張 文庫名:新潮文庫 であります。 推理小説界の巨星――松本清張の短編集です。 清張と言えば『天城越え』と『霧の旗』です..
*ブログ:つれづれ読書日記(2007-02-20)
松本清張  『ミステリーの系譜』  の読書感想。
松本清張  『ミステリーの系譜』  中公文庫 ※2007年5月に書いたモノです。 最近アメリカで起こった「バージニア工科大学銃...
*ブログ:乱読!ドクショ突撃隊♪ブログ。(2008-04-09)
【本】暗闇に嗤うドクター 松本清張傑作選
   『暗闇に嗤うドクター 松本清張傑作選』  海堂尊オリジナルセレクション  新潮社【comment】<松本清張生誕100年特別アンソロジー>最強の読み手が独自の視点で選ぶ“マイベスト”   禁断の..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2009-11-30)
松本清張『ゼロの焦点』
ゼロの焦点 (新潮文庫)松本 清張新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、松本清張『ゼロの焦点』を紹介します。新婚1週間で失踪した夫、鵜原憲一の行方を追って、妻、禎子が金沢で夫のことを訪ね歩く。東京..
*ブログ:itchy1976の日記(2009-12-15)
〔本〕 砂漠の塩
著者 松本清張(1909−1992) 発行所・年 中央公論社・1967年 1965年9月婦人公論に連載開始(図書館) 初めて読んだのは30年近く前、小説の舞台となるシリアで、しかも登場人物の モデル..
*ブログ:しづのをだまき(2010-01-09)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。