2009年10月26日

「谷崎潤一郎」の感想

「谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。

*作品: 刺青、痴人の愛、卍、蓼喰ふ虫、細雪、鍵、白日夢、春琴抄、瘋癲老人日記、少将滋幹の母、文章読本、陰翳禮讚、現代語訳『源氏物語』、二人の稚児、鮫人、夢の浮橋、愛すればこそ、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
谷崎潤一郎 - Wikipedia
芦屋市谷崎潤一郎記念館
http://www.tanizakikan.com/

読書感想トラックバックセンター at 02:33 | カテゴリ:name:た

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

猫と庄造と二人のおんな
猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫)(1951/08)谷崎 潤一郎商品詳細を見る 悪女といえば谷崎、谷崎といえば悪女ですが、この本に出てくる悪女は猫...
*ブログ:図書館で会った人だろ(2009-10-25)
〔本〕 鍵
著者 谷崎潤一郎(1886−1965) 中公文庫 97年版(図書館) 初出 1956年1月 中央公論 初老の男性の性の悩みがテーマの小説。 雑誌連載当時は、売春禁止法案を審議中の衆院法務委員会で取..
*ブログ:しづのをだまき(2010-01-12)
【本】ゼロの焦点
作者・松本清張は、これを自分の代表作であり、自信作だといっている。 有名な割に、ちゃんと読んだのはこれがはじめて。 キーワードは、戦後の一時期、米国の占領軍との間にいた夜の女性達、 いわゆる「パンパ..
*ブログ:しづのをだまき(2010-02-21)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。