2009年05月03日

『絵本』の感想

『絵本』についての感想文をトラックバックで募集しています。

書評・評価・批評・レビュー等、感想を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
絵本ナビ
特定非営利活動法人 絵本・児童文学研究センター
Yahoo!きっず絵本
amazon検索:絵本

読書感想トラックバックセンター at 02:10 | カテゴリ:ジャンル

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

『絵本からうまれたおいしいレシピ』 きむらかよ
   夏休み中にぜひブログに載せようと、決めていたのに、完全に失念しておりました。時々コメントをいただける、絵本や料理を紹介していらっしゃる、Elleさん はじめ、いくつかのブログで、薦めておられまし..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2006-11-10)
『だいじょうぶだいじょうぶ』いとうひろし
  ↑に“絵本から専門書まで”と書いてあるものの、絵本はまだ一冊も書いていなかったのですが、素敵な絵本のトラックバックを“いつも何時でもいつまでも”さんのブログからいただきました。私も一冊書いてみよう..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2006-11-10)
『おやすみなさい フランシス』 ラッセル・ホーバン(ぶん) ガース・ウイリアムズ(え)
    私の絵本のおっしょうさんの一人(笑)、『ふたりdeぶろぐ』 のカヲルさんからご紹介していただきました。 あなぐまのおとうさん、おかあさんと、ちびっ子のフランシスの3人..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2006-11-10)
“おどる12人のおひめさま”クリスマスプレゼントに絵本を。
もーいーくつねーるとーくーりーすーまーすー♪ クリスマスが近いですね。 どうも。 本屋の事務員です。 12月は稼ぎ時。←すみませんね、生々しい話で。 てなわけで 「お子さまのクリスマスプレゼント..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2006-12-29)
“国旗のえほん”姪へのプレゼント。
え~今日は私がパソを購入してから92日、ブログを開設してから75日、 そして姪(あや←妹あきの娘)の6歳の誕生日です。 誕生日にもクリスマスにもプレゼントは「本」と決めています。 将来の本好きを育て..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2006-12-29)
“こねこのぴっち”クリスマスプレゼントに絵本を。
今日、甥へのクリスマスプレゼントを決めてきましたよ。 もう家にあるといけないから妹に確認拾 「それ、知らないけど」 との返事・・・・・・・拾 妹よ・・..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2006-12-29)
“こんとあき”クリスマスプレゼントに絵本を。
クリスマス直前。 新しい本屋ができた。 「老舗(我が社)VS新規参入店」なんて新聞にも載ってしまった。 思っていたよりなかなかいい店でした。 私はここで見つけた本を、自分の会社で注文すればいい(社..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2006-12-29)
“キャッツ ボス猫・グロウルタイガー絶対絶命”クリスマスプレゼントに絵本を。
劇団「四季」の『CATS』を観たとき、とても感激しました。 ちょっとだけ「猫っていいかも」と思いました。 私は今は「動物嫌い」だけれど、それはここ4.5年の話。 理由はちゃんとあるのです。 親戚..
*ブログ:『ならうよりなれろ!!』(2006-12-29)
悲しみの処方箋―「悲しい本」
以前ご紹介したマイケル・ナーヴァ著「このささやかな眠り」は、人生において大事なもの―生きる意欲と最愛の人―をなくしてしまった男の再生の物語だとお伝えしました。 人が喪失の痛手から立ち直るには、長い長..
*ブログ:豆酢館(2007-10-15)
Nostalgia de Paris Part1―「ダニエルの不思議な絵」
バーバラ・マクリントック アメリカ、ニュージャージー州クリントン生まれ。 幼い頃から絵を描くのが大好きだった少女は、ノースダコタ州ジェイムズタウン・カレッジで美術を学んでいた。19歳のとき、著名..
*ブログ:豆酢館(2007-10-15)
“違い”は乗り越えられるのか―「ワニになにがおこったか」
記事途中に、大事な追記を行いました。 ワニになにがおこったかマリーナ・マスクビナー,田中 潔,ヴァレンチン・オリシヴァング偕成社このアイテムの詳細を見る 「ワニになにがおこったか」 マリーナ・マ..
*ブログ:豆酢館(2007-10-15)
魂は、決して焼かれない―「バスラの図書館員―イラクで本当にあった話―」
―コーランの中で、神が最初にムハンマドに言ったことは、“読みなさい”ということでした― アリア・ムハンマド・バクル談 2003年7月27日付 ニューヨーク・タイムズ日曜版掲載 海外特派員シェイラ・K..
*ブログ:豆酢館(2007-10-15)
人種と文化の“垣根”を超えてみよう―「かきねのむこうはアフリカ」
かきねのむこうはアフリカ (ほるぷ海外秀作絵本)バルト ムイヤールト,Bart Moeyaert,Anna H¨oglund,佐伯 愛子,アンナ ヘグルンドほるぷ出版このアイテムの詳細を見る 「かきね..
*ブログ:豆酢館(2007-10-18)
シニカル・エロ親父の真心―絵本作家としてのトミー・アンゲラー
トミー・アンゲラー(ウンゲラー) 1931年11月28日生まれ フランス、アルザス地方のストラスブール出身 Jean-Thomas Ungererことトミー・アンゲラー(ウンゲラー)は、1931..
*ブログ:豆酢館(2007-10-22)
「すてきな三にんぐみ」―トミー・アンゲラー2
すてきな三にんぐみトミー=アンゲラー,いまえ よしとも偕成社このアイテムの詳細を見る 「すてきな三にんぐみ」 トミー・アンゲラー:文と絵 いまえよしとも:訳 (偕成社刊行) 墨を流したような漆黒の夜..
*ブログ:豆酢館(2007-10-26)
妖艶に、残酷に、やがて哀しき―「わにくん」
ビネッテ・シュレーダー 1939年生まれ ドイツ、ハンブルグ出身 スイスのバーゼルにある実業学校で、商業美術及び石版印刷を学ぶ。1969年、30歳ではじめての絵本「お友だちのほしかったルピナスさ..
*ブログ:豆酢館(2007-11-07)
夢生まれる国―エリック・カールの諸作品
以前こちらの記事で、エリック・カールの代表作の1つである「とうさんはタツノオトシゴ」を取り上げてみました。我が家の本棚にはその後、カールの作品がいくつか追加されることになるのですが、ここではそれらにつ..
*ブログ:豆酢館(2007-11-07)
ボクとオトンと、たまにオカン―「おとうさんはウルトラマン」
1匹恐竜ティラノサウルスと他の恐竜たちの交流と友情を描く、哀愁のティラノシリーズ(「おまえうまそうだな」「おれはティラノサウルスだ」「きみはほんとうにステキだね」「あなたをずっとあいしてる」「ぼくにも..
*ブログ:豆酢館(2007-11-07)
それから どうなるの?
原題:HUR GICK DET SEN?作・絵:トーベ=ヤンソン訳:渡部翠講談社
*ブログ:TRUTH?ブログエリア(2008-07-05)
さびしがりやの クニット
原題:Vem Ska Trosta Knyttet?作・絵:トーベ=ヤンソン訳:
*ブログ:TRUTH?ブログエリア(2008-07-05)
ムーミン谷への ふしぎな旅
原題:Den Farliga Resan作・絵:トーベ=ヤンソン訳:渡部翠講談社
*ブログ:TRUTH?ブログエリア(2008-07-05)
ないた赤おに
作:浜田廣介絵:いもとようこ白泉社刊 大人になっても忘れたくない名作絵本☆☆☆
*ブログ:TRUTH?ブログエリア(2009-03-25)
おすすめ 絵本:なんでバイバイするとやか?
大人も楽しめる絵本子供たちだけでなく大人も一緒にたのしめる絵本だよ 布絵本アンパンマンやミッキーなどの布絵本は知育にも良いよ! チョコボと魔法の絵本さあ、あなたもチョコボと魔法..
*ブログ:洋楽歌詞の和訳集(2009-05-02)
マヨヒガに猫は集う
怪談えほん『いるの いないの』を読んだ。 本書は、岩崎書店から刊行の「怪談えほん」シリーズにおける第三弾である。文章を京極夏彦、絵を町田尚子が担当している。 岩崎書店のサイトを訪れると「怪談えほん」..
*ブログ:MESCALINE DRIVE(2012-05-06)
錆色の叫び
怪談えほん『ちょうつがい きいきい』を読んだ。 本書は岩崎書店の「怪談えほん」シリーズ第五弾。文章を加門七海、絵を軽部武宏がそれぞれ担当している。 怪談えほんのシリーズについてこのブログでは、先に第..
*ブログ:MESCALINE DRIVE(2012-05-06)
どこへ行くにも風まかせ
怪談えほん『ゆうれいのまち』を読んだ。 本書は岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの第四弾。文章を恒川光太郎、絵を大畑いくのが担当している。 このブログでは、怪談えほんのシリーズについてこれまでに二冊を..
*ブログ:MESCALINE DRIVE(2012-05-10)
ぐるぐるまわって
怪談えほん『マイマイとナイナイ』を読んだ。 本書は、岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの二冊目。文章を皆川博子、絵を宇野亜喜良が担当している。 大ベテランがタッグを組んで、その実力を遺憾なく発揮。この..
*ブログ:MESCALINE DRIVE(2012-06-25)
[読書]西遊記 上・中・下
西遊記〈上〉悟空誕生の巻 作者: 渡辺仙州,佐竹美保 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 2001/03 メディア: 単行本 クリック: 13回 この商品を含むブログ (5件) を見る 海に浮かぶ..
*ブログ:海猫の棲む入り江(2012-12-05)
バーバパパのがっこう
バーバパパのがっこう (講談社のバーバパパえほん)あいかわらず娘はバーバパパ大好きなのですが、バーバパパ以外の名前はなかなか覚えてくれません。不思議とバーバママが一番好き ...
*ブログ:ちょっとピンぼけ(2012-12-12)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。