2011年03月14日

「堂場瞬一」の感想

「堂場瞬一(どうばしゅんいち)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。

*作品:刑事・鳴沢了シリーズ、蒼の悔恨、焔 The Flame、マスク、BOSS、標なき道、8年、神の領域、長き雨の烙印、大延長、天国の罠、警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ、警視庁追跡捜査係、チーム、水を打つ、8年、敗者の嘘 アナザーフェイス、逸脱、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
堂場瞬一 with 中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/doba/

読書感想トラックバックセンター at 11:23 | カテゴリ:name:た

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

「久遠」 刑事・鳴沢了
「久遠」を読みました〜♪ 今出版されてるシリーズ、コレで終わりです・・・(泣) 文章の1文字、1文字を読み込んでいくタイプの小説ではなかったけど、主人公の突進にハマってしまう、そんな小説だ..
*ブログ:観たよ〜ん〜(2008-07-17)
堂場瞬一『BOSS』
BOSS堂場 瞬一PHP研究所このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『BOSS』を紹介します。日本人の高岡がGM(ゼネラルマネージャー)としてメッツを率いることになる。どういうチームにするかとい..
*ブログ:itchy1976の日記(2009-05-20)
堂場瞬一『少年の輝く海』
少年の輝く海 (集英社文庫)堂場 瞬一集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『少年の輝く海』を紹介します。瀬戸内の島に、東京から山村留学に来た主人公である鳥海浩次は、退屈な島暮らしにうんざ..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-01-10)
堂場瞬一『チーム』
チーム堂場 瞬一実業之日本社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『チーム』を紹介します。本書は箱根駅伝の学連選抜チームで走る話である。学連選抜チームは箱根駅伝に出場できなかったチームから選抜さ..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-01-10)
堂場瞬一『焔―The Flame』
焔―The Flame (中公文庫 と 25-10)堂場 瞬一中央公論新社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『焔―The Flame』を紹介します。主人公の沢崎は今まで打撃部門でいい成績を上..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-01-14)
堂場瞬一『雪虫』
雪虫 (中公文庫)堂場 瞬一中央公論新社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『雪虫』を紹介します。祖父・父を継いで刑事になった、鳴沢了と新米刑事の大西海のコンビが事件を解決する。湯沢で殺された..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-01-29)
堂場瞬一『二度目のノーサイド』
二度目のノーサイド堂場 瞬一小学館このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『二度目のノーサイド』を紹介します。本書はラグビーをモチーフとした作品です。あのときの試合は、抽選で負けたけど、何か釈然と..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-02-05)
堂場瞬一『マスク』
マスク (集英社文庫)堂場 瞬一集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『マスク』を紹介します。スポーツジャーナリストの水野は、家族を捨てたプロレスラー(エル・ソル 本名、水野忠良)がなくな..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-02-20)
堂場瞬一『10-ten-』
10-ten-堂場 瞬一PHP研究所このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『10-ten-』を紹介します。現監督である進藤が急逝した。代わりの監督はヘッドコーチをやっていた七瀬だ。七瀬と選手たち..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-04-21)
堂場瞬一『破弾』
破弾 (中公文庫)堂場 瞬一中央公論新社このアイテムの詳細を見る 今回は、堂場瞬一『破弾』を紹介します。故郷を捨てて警視庁に採用された鳴沢了は、多摩署で現場復帰し、小野寺冴と共にホームレス傷害事件の..
*ブログ:itchy1976の日記(2010-04-23)

クチコミ

アナザーフェイス、書店で帯に惹かれて読みました。最後まで楽しんだのに、文庫本の424ページの主人公大友のセリフにがっかりしました。
子供の世話をする、妻に先立たれた父子家庭担う不幸ぶった甘えた主人公が発する自己満足したセリフにがっかりです。 自分の親としての愛情が正しくて、他人がしている行為を非難する姿がいかにも大切なものとして描かれているところが、昔の悪人が切られて金さんが桜を咲かせるような時代劇みたいで、世の中そんなに単純でもないし、親の愛情は一つの答えしかないものだとも思いません。  男の人は所詮単純で平たい答えがすきなんだろうかと思わされた本でした。
Posted by ひなた at 2011年04月23日 00:48

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。