2009年10月24日

「小川洋子」の感想

「小川洋子(おがわようこ)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。
*主な作品:博士の愛した数式、薬指の標本、揚羽蝶が壊れる時、妊娠カレンダー、ミーナの行進、完璧な病室、凍りついた香り、ホテル・アイリス、やさしい訴え、偶然の祝福、ブラフマンの埋葬、物語の役割、猫を抱いて象と泳ぐ、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【リンク】
作家の読書道:第29回 小川洋子
作家 小川 洋子に聞く(前編) - 時代の仕掛け人 - nikkeibp.jp
amazon検索:小川洋子

読書感想トラックバックセンター at 06:48 | カテゴリ:name:あ

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

21.『博士の愛した数式』 小川 洋子
* あ ら す じ * 数学と文学のはざまに、立ってみたいと思いませんか?なあに難しいことではないんです。数字の不思議、数字の美しさにちょっと触れてみるだけの話。 博士は「私」に質問する。 「君..
*ブログ:読書ブログ(2006-09-17)
27.『世にも美しい数学入門』 藤原 正彦 / 小川 洋子
藤原 正彦 / 小川 洋子 共著『世にも美しい数学入門』を読みました。 本屋さんに行って何気に新書コーナーを見ていて発見したものです。藤原先生と小川さんの共著、そんなものがあったのかと少し立ち読みし..
*ブログ:読書ブログ(2006-09-17)
『博士の愛した数式』小川洋子
昨日、大学受験生の授業で扱った英文の中で、『数学は現代文化の形成における原動力であった』 という記述が出てきました。そこで生徒たちに、映画化もされた本書を読んだかどうか聞きましたが、誰も読んでいま..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2006-10-19)
小川洋子
(作家雑感準備中……しばらくお待ち下さい) 各タイトルをクリックして頂くと、記事へ飛びます。 博士の愛した数式 シュガータイム 刺繍する少女 偶然の祝福 まぶた
*ブログ:つれづれ読書日記(2006-10-24)
薬指の標本 小川洋子
「薬指の標本」と「六角形の小部屋」という中篇二編の作品集。両方とも何かに心を囚わ
*ブログ:きつねの本読み(2006-11-09)
犬のしっぽを撫でながら
 小川洋子 『犬のしっぽを撫でながら』    作家:小川洋子さんのエッセイ集です。{/star/}  いろんな媒体に掲載されたものを拾い集めて  1冊の形にまとめたものですが、  大まかに5つの章..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2006-11-12)
アンネ・フランクの記憶
 小川洋子:著 『アンネ・フランクの記憶』    小川さんの作家としての“原点”が、  中学時代に読んだ 『アンネの日記』に  あるのだというエピソードは、  ファンの人なら、どこかで1度は目にし..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2006-11-12)
世にも美しい数学入門
 『国家の品格』 でもおなじみの数学者・藤原正彦さんと、  芥川賞作家・小川洋子さんの対談集:  『世にも美しい数学入門』    小川さんといえば、最近映画化もされた小説  『博士の愛した数式』 ..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2006-11-12)
ブラフマンの埋葬
 小川洋子:著 『ブラフマンの埋葬』    2004年の泉鏡花文学賞受賞の、中編小説です。  ブラフマンは、怪我をしていたのを助けたことから  「僕」のもとに連れて帰ってきた、動物の名前。   ..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2006-11-28)
小川洋子 「ブラフマンの埋葬」 "L'ENTERREMENT DE BRAFFMAN"
何を思ったのか、小説でも読んでみようという気になった。手に取ったのは小川洋子著 「ブラフマンの埋葬」。書き込みには次のようにある。 samedi 19 juin 2004, après avoir..
*ブログ:フランスに揺られながら DANS LE HAMAC DE FRANCE (2006-11-29)
小川洋子 「博士の愛した数式」
芥川賞作家小川洋子さんの作品。受賞作ではありません。 映画化で話題にもなりましたね〜。 独身の天才数学博士と、その元に派遣されたシングルマザーの家政婦、 そして彼女の10歳になる息子。 博士には過..
*ブログ:無節操読み散らし日記(2006-12-07)
話題の「博士の愛した数式」を読んでみた
この「博士の愛した数式」は、「本の雑誌」が主催する書店員が選ぶその年のベスト10のグランプリに当たる本屋大賞を1昨年受賞しています。 この「博士の愛する数式」あたりだろうかエンターテイメント小説..
*ブログ:文学する!(2006-12-20)
ミーナの行進
 小川洋子:著 『ミーナの行進』    図書館に予約してから約4ヵ月、  ようやく読むことができました {/onpu/}  ま、その間ほかの本をいっぱい読むことができたので、  あっという間ではあ..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2007-01-17)
『博士の愛した数式』小川洋子
やさしさを感じる。 そして、同時に美しさも感じる。 過剰なまでの情報の中に暮らしているときにこの本を読むと、時が止まった感じさえする。 静かな気持ちで本を読み終えたとき、あったかいものが心を満たしてい..
*ブログ:あるばむ だのん(2007-02-16)
『物語の役割』 小川洋子
  “人間は、なぜ物語を必要とするのか?”  と帯に書かれています。私は今でも小説を読む割合は10冊に1冊くらいでしょうか。つまり、好きではあっても、あまり読む方ではないのです。自分..
*ブログ:本を読もう!!VIVA読書!(2007-04-08)
『博士の愛した数式』 小川 洋子
博士の愛した数式小川 洋子 (2003/08/28)新潮社この商品の詳細を見る 数学と文学の美しい融合。この作品の感想を一言で表せばこうなる。(もう誰かが使っている表現だろうか?) これ..
*ブログ:本からの贈り物(2007-04-10)
海/小川洋子 [Book]
 小川洋子:著 『海』  海新潮社このアイテムの詳細を見る  短編7篇。  冒頭の「海」とラストの「ガイド」がよかったです。  「バタフライ和文タイプ事務所」も、  静かにちょっと淫靡な香り(笑)が..
*ブログ:miyukichin’mu*me*mo*(2007-05-08)
人気作家が語る物語作法 小川洋子著 「物語の役割」
お気に入りの作家、小川洋子さん。 彼女が自作の創作方法などについて語った本が出たというから、コレは読まなきゃってことで、早速、読まさせていただきました。 小川洋子著 ...
*ブログ:本読め 東雲(しののめ) 読書の日々(2007-10-04)
【本】博士の愛した数式
『博士の愛した数式』     小川洋子     新潮社【comment】古本屋さんでハードカバーの本を眺めていたら、この本とバッチリ目が合ってしまった。映画も未見であるし、物語にもさして興味が無かった..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2007-10-17)
海<小川洋子>−(本:2007年125冊目)−
海 出版社: 新潮社 (2006/10/28) ISBN-10: 4104013048 評価:78点 微妙に現実離れした不思議で静かな小川ワールドを、7つの短編で堪能できる。そんな優れ..
*ブログ:デコ親父はいつも減量中(2007-10-27)
博士の愛した数式 小川洋子
2004年第一回本屋大賞受賞作、読売文学賞受賞作。確か高校生の読書感想文コンクールの課題図書でもあったと思う。 数学ネタを使った作品は数多くあれど、数式の美しさを文学的感動に還元してみせたという..
*ブログ:風味絶佳な日々―読書日記―(2007-11-20)
ミーナの行進 小川洋子
『ミーナの行進』小川洋子内容(「BOOK」データベースより) 2006年第42回谷崎潤一郎賞受賞作品 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に..
*ブログ:風味絶佳な日々―読書日記―(2007-11-20)
ミーナの行進 小川洋子
『ミーナの行進』小川洋子内容(「BOOK」データベースより) 2006年第42回谷崎潤一郎賞受賞作品 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に..
*ブログ:風味絶佳な日々―読書日記―(2007-12-22)
博士の愛した数式 小川洋子
2004年第一回本屋大賞受賞作、読売文学賞受賞作。確か高校生の読書感想文コンクールの課題図書でもあったと思う。 数学ネタを使った作品は数多くあれど、数式の美しさを文学的感動に還元してみせたという..
*ブログ:風味絶佳な日々―読書日記―(2007-12-22)
「夜明けの縁をさ迷う人々」 小川洋子
{/book/}「夜明けの縁をさ迷う人々」小川洋子 小川洋子さんの作品って、『博士の愛した数式』や『ミーナの行進』のように温かさを多く感じる作品と、『薬指の標本』や『妊娠カレンダー』のようにひんやり..
*ブログ:ミチの雑記帳(2007-12-25)
『博士の愛した数式』小川洋子
記憶障害の数学者と、家政婦さんとその息子の日常を描くお話。 本屋大賞を獲り映画の原作にもなった芥川賞作家の話題の作品。 流石は文学畑、文章がいちいち上手です。細かいところでグッときます。 ..
*ブログ:時間の無駄と言わないで(2008-05-15)
「猫を抱いて象と泳ぐ」 小川洋子
{/book/}「猫を抱いて象と泳ぐ」 小川洋子 「博士の愛した数式」で数式や数字に潜む美しさを見せてくれた小川洋子氏。この作品はチェスを題材としています。 主人公は、唇が閉じたまま生まれ、切開手..
*ブログ:ミチの雑記帳(2009-03-05)
「猫を抱いて象と泳ぐ」静かで熱い唯一の物語を読む幸せ
「猫を抱いて象と泳ぐ」★★★★★満点! 小川洋子著 「タイトルを考える、 猫を抱くことは出来るが 象と泳ぐことはできそうにない、 猫を抱いて泳ぐのも難しそうだ、 しかしこの..
*ブログ:soramove(2009-05-05)
博士の愛した数式
博士の愛した数式小川 洋子 新潮社 2005-11-26売り上げランキング : 3554おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools「僕の記憶は80分しかもたない」元数学の大学教授..
*ブログ:★CANDY POP★(2009-05-16)
小川洋子『博士の愛した数式』
応援クリックお願いします! 今回は小川洋子『博士の愛した数式』です。 小川洋子は1962年、岡山県岡山市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。 1984年、倉敷市の川崎医大秘書室に..
*ブログ:初心者のための読書ガイド(2009-07-08)
小川洋子『博士の愛した数式』
博士の愛した数式新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、小川洋子『博士の愛した数式』を紹介します。この本は、心温まる(heartful)美しい本だと思いました。この本の主要な登場人物は、家政婦とその..
*ブログ:itchy1976の日記(2009-10-23)
小川洋子『物語の役割』
物語の役割 (ちくまプリマー新書 53)小川 洋子筑摩書房このアイテムの詳細を見る 今回は、小川洋子『物語の役割』を紹介します。本書は3つの公演で物語について語ったことを書籍にまとめたものである。本..
*ブログ:itchy1976の日記(2009-10-25)
数式で繋がる記憶
映画『博士の愛した数式』5月11日(火)15:00よりNHK-BShiでテレビ上映スタート
*ブログ:僕らのドラマ(2010-05-09)
【本】猫を抱いて象と泳ぐ
       『猫を抱いて象と泳ぐ』       小川洋子       文藝春秋【comment】去年、某TV番組に本の評論家さんたちが出演し、本作を大絶賛していたので、是非読んでみたい―と思っていた..
*ブログ:★YUKAの気ままな有閑日記★(2010-06-14)
小川洋子 「猫を抱いて象と泳ぐ」 (2011年8月5日記事更新)
小川洋子氏の作品を読むのは「博士の愛した数式」以来 単行本発刊当時は話題になっていたのを覚えています。 この度、文春文庫さんで文庫が出たので読んでみました。 http://www.bunshun..
*ブログ:映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。(2011-08-17)
[90文学]貴婦人Aの蘇生/小川洋子
『貴婦人Aの蘇生 朝日文庫』を読んだよ。不思議な物語。 小川洋子の小説は『博士の愛した数式』以来2冊目。2冊目に本書を選んだのはたまたま。確かamazonでkindle本がセールされていたからだった..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2016-07-25)
[90文学]沈黙博物館/小川洋子
『沈黙博物館 (ちくま文庫)』を読んだよ。永遠なのか…。 小川洋子氏の不思議な世界、再びという感じで本書。「博物館」というキーワードにも惹かれたんだけど、Kindleの積読本でもあったから。 主人公..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2017-07-09)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。