2015年09月28日

「綿矢りさ」の感想

「綿矢りさ(わたやりさ)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。
*主な作品:インストール、蹴りたい背中、かわいそうだね?、ひらいて、憤死、勝手にふるえてろ、しょうがの味は熱い、大地のゲーム、You can keep it、夢を与える、他

書評・評価・批評・レビュー等、感想を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^

読書感想トラックバックセンター at 17:10 | カテゴリ:name:わ

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

確かにこの年齢で
さて、今頃になってようやくもう1冊を読んだの第227回は、 タイトル:蹴りたい背中 著者:綿矢りさ 出版社:河出書房新社 であります。 弱冠19歳にして第130回芥川賞に選ばれた作品で、おなじく..
*ブログ:つれづれ読書日記(2006-10-24)
綿矢りさ【インストール】
史上最年少で芥川賞を受賞した綿矢りさちゃんの本を初めて読んだ。本当は「綿矢りさ先生」とお呼びすべきだろうが、著者の顔写真がまー可愛らしいこと。まさに文壇アイドルである。 その作風は芥川賞作家には..
*ブログ:ぱんどら日記(2006-11-17)
インストール 綿矢りさ
←今こんなもんっす。 そこまで廃プレイしてない。 (*・ω・)ノ 「インストール」がブックオフにて105円で投売りされていた。 同作品は映画で上戸彩が主演していたのを覚えている..
*ブログ:徒然閑話、(2008-05-26)
綿谷りさ『インストール』
初投稿は、綿矢りさ『インストール』を紹介します。 綿矢りさは1984年2月1日生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。 第38回文藝賞、第130回芥川賞を受賞しています。 高校在学..
*ブログ:初心者のための読書ガイド(2008-11-03)
勝手にふるえてろ
「インストール」で第38回文藝賞を受賞しデビュー。「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を史上最年少・19歳で受賞した綿矢りさ著三年ぶりの作品となるあらすじは(文芸春秋HPより)
*ブログ:PMアップル(2011-07-27)
[90文学]蹴りたい背中/綿矢りさ
『蹴りたい背中』を読んだよ。蹴りたくなるんだろうなぁ〜。 綿矢りさの芥川賞受賞作品。それが2004年だから、もう10年以上も前なのか…。金原ひとみと同時受賞ってことで、話題になったのをよく覚えている..
*ブログ:活字中毒者地獄のりす蔵(2016-05-29)

クチコミ

クチコミを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

クチコミ:

※管理人が承認したクチコミのみ表示されます。